未分類

新元号は令和(れいわ)に決定!由来や意味は?いつから始まる?日本国民のリアクションは?

新元号が令和(れいわ)に決定しました!令和は248番目の元号です。

「令」が使われるのは歴史上初めて。一方「和」が使われるのは歴史上20回目です。

新元号「令和(れいわ)」の由来や意味などをご紹介します。

「令和」はいつから始まる?

2019年4月30日23時59分までが平成。(今上天皇が退位)

2019年5月1日の0時0分から令和の時代が始まります。2019年は令和元年です。(皇太子徳仁親王が即位)

日本の憲政史上では初の生前退位に伴う皇位継承による改元です。過去を遡ると中国の漢籍から引用して元号が付けられていましたが、初めて日本の書物から選定されました。

運転免許証の「令和」が表記されたものは東京都では5月5日から交付開始。

「令和」の由来

引用:書道家ダイスケさん

「令和」は万葉集から出典

日本最古の和歌集「万葉集」の「巻五梅の花の歌三十二首并せて序」から引用したもの。地位や名誉に関係なく一般庶民の歌もおさめ、当時の人々の暮らしが描かれた日本国民を象徴する書物。

初春の令月にして気淑く風和らぎ梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫らす

出典:万葉集

四季折々の美しい自然、日本の国柄を次の時代へ引き継いでいく。

「令和」の意味

令和には「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められています。

「令和」に込められた願い

梅の花のように日本人が明日への希望を持ち、それぞれの花を大きく咲かせる事が出来る日本でありたいという願いを込められています。

また若い世代が活躍できる時代がきてほしいという願いも。

「令和」の漢字の意味

命令の「令」というイメージが先行してしまいがちですが、神様のお告げという意味が強く使われる事があります。神様のお告げを下ろして日本国民に伝令していくという意味です。

真っ直ぐに清らかに生きて、多くの人から信頼を寄せられ慕われるという願いが込められている漢字です。

争いごとがなく穏やかにまとまる。ゆったりとして角立たない。性質の違うものが一緒にとけ合う。声や調子を一つに合わせる。大和 (やまと) 国。など調和の時代に向かう言葉です。

人の和を大切にする人にという願いが込められている漢字でもあります。

「令」の書き方はどっちが正しい?

上記画像のように「令」には書き方が2種類あります。

これは常用漢字表で「筆写の楷書では色々な書き方がある」の中に「令」も当てはまります。書き方は2種類あるけどどっちでもOKとされています。

日本国民のリアクションではどっちかに統一して欲しいという声が多数。

日本国民のリアクション

令和18年の表記がR18となることから波紋を呼んでいますが、以下のようなリアクションがあがっています。