料理

コンソメで簡単!ズッキーニのペペロンチーノの作り方とレシピ

ささっと手軽に美味しいパスタを作りたいと思ったことはありませんか?

パスタ料理の中でもペペロンチーノは少ない調味料でできるシンプルな定番メニューです。

その気軽さゆえ、私達夫婦も世界一周中の自炊料理で一番作ったと言っても過言ではない料理。比較的どんな具材でも合う料理ですが、毎回具材を変えて色々なペペロンチーノを作っていくなかで「これは絶対に外せない!」と思える食材や調味料を見つけたのでご紹介します。

時間がない時にちゃちゃっと作る我が家の定番料理です。

材料 (2人分)

  • ズッキーニ: 1本
  • しめじ :1/4株
  • ベーコン:1枚
  • にんにく: 1片
  • 鷹の爪 :1/2
  • コンソメ: 1個 (粉末は5g)
  • 塩・コショウ: 少々
  • パスタ :200g
  • オリーブオイル: 大さじ2
  • 削るタイプの粗挽き黒胡椒:お好みで

我が家のペペロンチーノにズッキーニコンソメ粗挽き黒胡椒は外せません!

コンソメを入れるなんて邪道の極みと思うかもしれませんが、まあ美味しいんですよ(笑)

作り方

ではさっそく作って行きましょう。野菜の切り方がポイントです!

下準備

  • ズッキーニ:さいの目に細かく切る
  • しめじ:株元を包丁で落とし、食べやすくほぐしておく
  • ベーコン:1cm幅に切る
  • にんにく:包丁の腹で潰して香りを出したら、みじん切りもしくはスライス
  • 鷹の爪:種を取り出して半分に切る
  •  コンソメ:固形タイプの場合は包丁で砕く
  • 鍋にパスタ用のお湯を沸かしておく

ズッキーニは輪切りでなく、細かく1センチ角くらいのさいの目切りにすることで味が染み込みやすくなりパスタによく絡みます。

1:オリーブオイルとニンニクを炒める

フライパンに火をかける前にオリーブオイルとにんにくを入れておくのが大事!その方がニンニクの風味が引き出せます。ただし焦がすと風味がなくなってしまうので焦げないように弱火で炒めます。

2:パスタを茹でる

にんにくを炒めている間に、お湯を沸騰させておいた鍋にパスタを入れて茹でます。ここからはパスタの茹で上がりに間に合うように手際よくソースを作っていきます。

3:ニンニクとオリーブオイルを取り出す

ニンニクの香りがたってきたら小皿に一旦取り出しておきます。しつこいかもしれませんが、焦がさないようにしてくださいね!

小皿に取り出したら鷹の爪と一緒にしておきましょう。

4:ベーコンを炒める

ニンニクを炒めたフライパンでベーコンを炒めます。ほぐれない時は箸などを使ってほぐします。

5:しめじとズッキーニを加える

ベーコンに軽く焦げ目がついたら、しめじとズッキーニを加えて炒めます。

6:調味料を加える

野菜に火が通ったらコンソメ・塩・コショウを加え味が全体に行き渡るように混ぜます。

7:にんにくとオリーブオイルを戻す・鷹の爪を入れる

ニンニク・オリーブオイル・鷹の爪を加えてかき混ぜたら火を止めます。ソースの完成です。

8:パスタを混ぜ合わせる

パスタが茹であがったら軽く水を切りながらフライパンに入れて、火を消した状態で混ぜ合わせます。

完成!

お皿に盛り付けたら完成です。盛り付けの時に鷹の爪を上にのせると見栄えもいいですね。

コンソメとニンニクのふわ〜っと広がる香りと鷹の爪のピリッとする辛さで食がさらに進みます。ズッキーニに味がよ〜く染みているので最後の一口まで美味しくいただけます。

ここで削るタイプの黒胡椒!この削りたての黒胡椒の香りを一度味わってしまうと病みつきになります。

まとめ

今では旦那も大好物のペペロンチーノ。お友達にも作りましたが「うまい!」と大好評でした。

翌日お仕事の方はにんにく控えめに。玉ねぎやキャベツ、きのこなどお好きな具材でアレンジして簡単に美味しいパスタが食べられます。